手柄山温室植物園ブログ 『山の上から花だより』

tegara.exblog.jp

植物園スタッフから、「とっておき情報をタイムリーに」お知らせします。

ウツボカズラの身体測定

まず、こちらは「モウセンゴケ」
 こんなところでひっそり、ピンクの花を咲かせています
f0203094_9344111.jpg

おはようございます、Nです
異動により勤務先が変わってなお
 園のブログを更新するためには、現地の声が欠かせません

ブログに書くことなんかない?とYさんに尋ねると、
じゃあ「トランカータ」を見せてあげると言って
 メジャーを持って、栽培温室へ連れて行ってくれました

栽培温室は、普段お客様入れないバックヤードです
展示会で出番の済んだ植物や出番待ちの植物を、育成栽培する場です
たとえば、5月のサラセニア展で展示していた「フクロユキノシタ」こと
 「セファロタス フォリキュラリス」は出番が済んだいま、この栽培温室で育成中です

なお、去年度からこのバックヤードを込めた「夏休み探検ツアー」だったり、
例年夏休みに、「食虫植物観察会」を開催しています
いずれも小中学生対象で参加費無料、ただし事前申込制なので、
 詳しいお申し込み方法は「広報ひめじ」を要チェックですヨ


さて、ではでは、Yさんに続いて栽培温室へ行ってみましょう(^^)/
飛び切り大きなウツボカズラを見せてくれるそうですヨ(^_-)-☆
 手にメジャーを持って、何を図りに行くの?
------------
f0203094_9382016.jpg

ウツボカズラの中でも大きい「トランカータ」の体長を図ります!
大きく育ってくれたトランカータのサイズを知りたいということで、
 蓋から測ってみると?体長はなんと50センチ越え(◎_◎;)
f0203094_9471050.jpg

ちょっとした身体測定をしてる気分ですネ
 色つやもたいへんよろしい^^
f0203094_9483671.jpg

ところで、ウエストはどうなんだろう?と、手を当ててみるYさん
f0203094_9501818.jpg

f0203094_952713.jpg

ワイヤーを巻いて長さを調べます、その結果は24.5センチでした
 トランカータって、結構いいカラダしてるんですね(^_-)-☆

ひとくちに、ウツボカズラと言っても、色・形・大きさ・模様が違って
 この栽培温室だけでもいろんな種類がいます
f0203094_9544164.jpg

↑模様入りで毛が生えていたり、
 ↓一色でころんと小さい「ミラビリス×アンプラリアレッド」
f0203094_955564.jpg

きれいな緑色一色の「ヒルスタ」
f0203094_957266.jpg

ほんといろいろなコがいます、彼らも出演するかもしれない
 次回の「食虫植物展」は7月18日(土)~8月31日(月)までの予定です
-----------
-----------

育成栽培中といえば、
市蝶ジャコウアゲハの幼虫が食べる「ウマノスズクサ」もあります
 傍にジャコウアゲハが飛んできたら、卵を産み付けるためかも~
f0203094_1043838.jpg

------------

姫路市立手柄山温室植物園
 住所:姫路市手柄93番地(手柄山中央公園内)
 tel: 079-296-4300
 http://himeji-machishin.jp/ryokka/greenhouse/index.html
--------------

栽培温室めぐりの帰りに、ロックガーデンを通りました
 花桃の近くで元気に咲くアジサイ:
f0203094_1065411.jpg

ニュージーランド原産の観葉植物「ニューサイラン」に花が咲いてた
 ほっそい葉っぱが「リュウゼツラン ススキノキ科」らしいですネ
f0203094_1010485.jpg
f0203094_1092162.jpg

駐車場には真っ赤な花「キョウチクトウ」
f0203094_10112635.jpg

春にきれいな黄色だった「ミモザ」は種を付けていました
f0203094_10135990.jpg

--------------

【今週末のお知らせ】
・6月20日(土)朝8時半より、サンテレビ「姫路のひろば」にて
ジャコウアゲハが出演します
再放送は6月27日(土)17時45分から
*動画チャンネル姫路のひろばは、こちらでも見れます→リンク

・2015年6月20日(土)~28日(日)まで、「古典植物と山野草展」
 もちろん、販売もあります(vv  )お待ちしております
by tegarashokubutsu | 2015-06-18 10:32 | 準備 -作業風景-

植物園スタッフから、「とっておき情報をタイムリーに」お知らせします。


by tegarashokubutsu