高いところに居た、セントポーリア

f0203094_13235137.jpg
ブログに書くのが
 遅くなりました(・・ )=3

この3・4日と
出店でわたしは
 不在にしておりましたが、

土曜日2日から、
「セントポーリア展」を
 開催しております↓
f0203094_13265118.jpg

f0203094_132651100.jpg

会場内に掲示している「セントポーリア物語」を読むと、

非耐寒性のセントポーリアは、
 もともとアフリカ、ケニア南部とタンザニア北部の山に生息しており、

ドイツのセントポールさんが発見したとき、
その花は、高山の岩陰にひっそり咲いていたそうです
 今では室内花の女王と呼ばれるセントポーリアも、昔は、高いところに居たんですねエ

というわけで、
 今日のブログは高いところから失礼して、背の高い花と比較してみましょう
---------------

冬が来る前に、少しでもカラフルに
花壇や寄せ植えの名脇役はやっぱり、
 冬も頑張るパンジーやビオラでしょう^^ ほら、アリッサムと合わせるのもオススメ♪
f0203094_164940.jpg

f0203094_163287.jpg

ビオラもパンジーも、園内「花の家」では70円で販売中です

【背の高い花】 
コチラは、
 中央花壇に咲く皇帝ヒマワリ↓ つぼみもたくさんありますね
f0203094_1542123.jpg

でも、温室のてっぺん向かって高く高くそびえているので、
 こんなに綺麗な花が咲くのに、その花は容易には見えません(><;)
f0203094_14535083.jpg

トコロ変わって、小温室でスミエボシというサボテンも、
 黄色い花を咲かせているけど・・・う・え・す・ぎ・る!上過ぎる!

こんなに上では、花が咲いても、その花姿がよく見えません(><)
 あんなにいっぱいつぼみがあるのに、もったいないナー
f0203094_1543893.jpg


っと、こういう「背の高い花」と比べると、
 展示会の主役:セントポーリアは小さく、姿が真上から姿が見れて、なんと愛らしいこと

このように、色の違うコ同士を合わせるのもいいですネ
f0203094_15155283.jpg

f0203094_15182935.jpg

そんなセントポーリアの花ことばは、『小さな愛』
 今日はそれを強調するために、いま見頃の「背の高い花」と並べて紹介しました
-----------
----------

姫路市立手柄山温室植物園(金曜休園)
 姫路市手柄93番地(手柄山中央公園内)
*TEL:  079-296-4300
*HP: http://himeji-machishin.jp/ryokka/greenhouse/index.html
------------

今回、展示会場に並ぶは、セントポーリアとストレプトカーパス
 同じ「イワタバコ科」の園芸種で、小さくて愛らしい花姿が並ぶ・・・って、ぅん?!
f0203094_1329201.jpg

エ! ナニコレ?
 ひときわ目立つコレは大きな葉っぱ・・ダケ!!
f0203094_135557100.jpg

聞けばコレ、原種だそうです
鉢には、その大~きなその葉だけがでーん(◎0◎) どうぞ近くに寄って見てください
 周囲の園芸種と見比べると、その葉のデカさに改めて驚きます
------------

みなさまのご来園、お待ちしております
【展示会】
 ・セントポーリア展~10日(日)まで(8日金曜休園)
 ・16日(土)~「秋の洋ラン展」
【出張販売】
 10日から始まる「植木いち」に、土日10・16・17は出店します
→イベント詳細HP/℡079-291-1914まで
---てがらやま おんしつしょくぶつえん---

by tegarashokubutsu | 2013-11-06 16:13 | 展示会ニュース