石油のなる木

多肉植物の中でユーフォルビア属の植物を「石油のなる木」といいます。

f0203094_16324244.jpg

小温室に植わってる青珊瑚です。

枝や茎を折ると乳白色の液体が出ますので、「ミルキーブッシュ」とも呼ばれますが、

手や足にその液がつくとかぶれたりします。

サバイバル訓練で砂漠などに行かれたら(行くことないと思いますが)のどが渇いて水の確保に、そこらに生えてる植物の茎を切り落としを確保することはありますが、まれに切り口から乳液がたれてきたらそれは猛毒だといわれます。誤って口にすると命を落とすこともありますので注意して下さい。

余談でしたが、同じユーフォルビアの仲間の「花キリン」を切ってみました。
f0203094_16423267.jpg


白い乳液がしたたり落ちていきます。
f0203094_16434223.jpg


みんな興味あるのは、この白い液が燃え盛るかどうかです。
f0203094_16451150.jpg


点火!
f0203094_16472416.jpg


は見えませんが燃えています。火力を増すため、ティッシュも燃やしました!
f0203094_16485011.jpg


残念ですが液は燃えずに乾いてしまいました。
f0203094_16513642.jpg


時間にして10分ですが、石油王の夢はもろくも崩れてしまいました。
不純物が多いため、精製しないとダメみたいです。
by tegarashokubutsu | 2010-09-29 16:59 | 新コーナー始めました