サギソウの手入れ

美しい花も枯れたら056.gif
  茶色く
    ・
    ・
    ・
f0203094_14305581.jpg


花殻摘みは手でつまんで
f0203094_14334331.jpg


引っ張って・・・んー・・・008.gif

取れなかったら、爪たてて
f0203094_1435370.jpg

よっこらせっ!

ハサミを使って取るときは

必ず刃先をであぶります

ウィルス感染防止のためです。
f0203094_143757.jpg


ゆっくり動かして刃全体をあぶればいいです。

f0203094_14382424.jpg


チョキン!
f0203094_1439224.jpg


茶色く枯れた花はこのように取ってください。

●よくサギソウの質問で、「サギソウ」と「さぎそう」または「さぎ草」といろいろ表記されているけど

どれが正しいのと言われます。

サギソウを学術的にいうなら「Habenaria radiata」と書きます。
これは国際植物命名規約に基づくもので「分類学の父」と呼ばれたリンネ博士によって、ラテン語表記が体系づけられました。
世界共有できる名としてです。
まず「属名」で「種名」となっていて、最後に命名者を付記することもあります。

ちょっと難しかったかもしれませんが、わかりやすく言えば、

サギソウは「ラン科のハベナリア(ミズトンボ)属のラディアータ」となります。

サギソウはこの植物学上の日本語名(和名)であり、カタカナ表記を原則としています。

今回の展示会の看板ですが
f0203094_14484361.jpg


「姫路市花さぎ草」という固有名詞にしています。「姫路市花さぎそう」でも「姫路市花サギソウ」でもいいのですが、
さぎ草と書いてあるほうが親しみやすいと思います。058.gif

園内でもそれぞれ使い分けはしていますので、サギソウはいくつ書いてあるか数えてください。
by tegarashokubutsu | 2010-08-20 15:03 | 観察 -市蝶と市花-