ブログトップ | ログイン

手柄山温室植物園ブログ 『山の上から花だより』

メグスリの木

小温室前の花壇に植えています。004.gif

f0203094_15214780.jpg

この木は名前のとおり目薬となる木で、樹皮に眼病予防肝機能に良いとされています。017.gif

薬局でメグスリノキ茶として販売もされています。063.gif

司馬遼太郎の「播磨灘物語」の中で姫路出身の黒田官兵衛の先祖が、室町時代にこのメグスリノキを原料にした目薬を作って人々に喜ばれたとのことです。

カエデ科の落葉高木で樹高は10メートルほどになります。

f0203094_1523710.jpg

秋にはこの葉っぱも紅葉してくなります。

5月の終わりに花が咲くようですが、雌雄異株(しゆういしゅ)で雄花雌花があります。

植物園のメグスリノキは雄か雌かは今のところ判断つきません。008.gif
by tegarashokubutsu | 2009-05-14 15:30 | 咲いた?! -開花情報-